ちば緑耕舎トップ



土壌診断や玄米検査を行っています。
圃場の放射能数値低減化に取り組んでいます。
これからもずっと安心して食べられるお米作りに努めていきます。

《環境にやさしい栽培技術の更なる実践について》





―――――――――――――――――――――――――
!意識の高い農家直営のお米の会社 ちば緑耕舎です!
―――――――――――――――――――――――――

当サイトへようこそ。私たちは千葉県の北部、利根川と印旛沼に囲まれた地域で「コシヒカリ」を生産する、 7人の認定農家からなる有限会社ちば緑耕舎です。
北総台地の肥沃な大地と穏やかな気候に恵まれ、丹精こめて育てたお米は、消費者の皆様から多大なる ご支持を頂いております。疎植、深水、米ぬか、紙マルチ、etc・・・、技術と経験を駆使して 「特別栽培米」「JAS有機米」として販売をしております。
特別栽培米は農薬削減率73%と、他に類を見ない削減率となっております。
生き物調査を実施して生き物の個体数を調べることもしています。 その結果からは、イトミミズによりトロトロ層の形成がなされ農薬削減に寄与し、数字に表れた成果を実感しています。
まだまだ、取り組みはスタートしたばかりです。100年後、200年後も緑あふれる生き生きとした大地より恵みがありますよう、 今我々ができることを、精一杯やっていこうと思います。

■「平成25年度 千葉県米消費拡大推進功績者」に選ばれました!詳しくはこちら



◆関東総政局から「土地改良事業地区営農推進功労者」に選ばれました


令和5年12月14日 関東農政局印旛沼第二期農業水利事業所から「ちば緑耕舎の地区かんがい用水を活用した特別栽培米技術の確率、栽培面積の拡充などが認められ推薦を頂き、関東農政局での審査の結果「土地改良事業等営農推進功労者表彰」を頂きました。
これからもメンバー全員で、環境に配慮した農法を実践して参ります。

(右の写真: 前列の左から2番目 杉田代表  3番目増田部長 )







  

今回の声:吉 植 一 貴 (よしうえ かずき)         ・・・令和6年5月・・・



    
お米作りの大事な作業の一つである田植えの時期になりました。
周囲もがぜん騒がしくなり、この時期の風物詩である田植え機や苗を運ぶ軽トラックによる田植え渋滞が角地で発生しています。…
いかに効率よく田植えが出来るか田植えをする田んぼの順番も考えてやる必要もあります。
苦労して植えた苗がこれから成長していくのが楽しみです。     
    
    
    


COPYRIGHT©2009  有限会社ちば緑耕舎  All RIGHTS RESERVED.